【おごと温泉】約1200年の歴史を持つ正真正銘の温泉が楽しめる

「おごと温泉」は旧国・近江国、現在の滋賀県大津市にある温泉です。その歴史は1200年と古く、滋賀県下最大の温泉地として今日まで愛されてきました。近年は各旅館経営者の改善努力のおかげで特に変化が著しく宿泊客も増えているんだそうです。
名称
おごと温泉
住所
520-0101
滋賀県大津市雄琴1丁目2-17おごと温泉観光公園
電話番号
077-578-3750 おごと温泉観光公園
CONTENT

温泉も食事も観光もまるっと楽しめるおごと温泉!

おごと温泉

1929年(昭和4年)創業の老舗『湯元舘』をはじめ9軒ほどの旅館・ホテルが点在していますが、源泉を使用したお湯を引いているというこだわりよう。どこを選んでも正真正銘の温泉が楽しめるのはかなり嬉しいポイントです。

また周辺には有名な『比叡山延暦寺』や紫式部で有名な『石山寺』など歴史ゆかりの文化財が多いのも特徴。観光の拠点としてにぎわっているのも納得ですね。名物は鴨料理や近江牛料理などがあり、特に鴨鍋は冬の琵琶湖を代表する絶品グルメです。

「おごと温泉」は大蛇の棲む“念仏池”が始まり!?

おごと温泉

最澄によって開かれたと伝えられており、約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉。ですが、面白いエピソードも残されているんです。

その昔8つの頭を持つ大蛇が棲んでいたといわれ、寝床にしている谷には池がありました。その池は病気に効くとされ、村人は念仏を唱えながら賽銭を投げ入れていたんだそうで“念仏池”と呼ばれるようになりました。その池には地下水が絶え間なく湧き出していて、飲めば難病すら癒し、地底の泥を塗れば皮膚病などが治ったという話もあるほど効能に優れていたんだとか。
大正時代にはそれがラジウム高鉱泉であることが判明し、温泉の開発が始まったそう。村人が命を懸けてでも入りたかった大蛇の棲む“念仏池”が「おごと温泉」のはじまりだとしたら、とても体が元気になりそうですよね。

泉質はph値9.0と高いアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・冷え性や疲労回復などに良いとされます。入浴後の肌質がなめらかになるのも特徴で、女性を中心にして喜ばれています。また温泉からの景色も見物。「おごと温泉」の宿は比叡山の山麓沿いに建てられているため、琵琶湖を眺望することができるんです。良いお湯に良い景色、これは堪能するしかありません!

温泉ついでに毎週開催する朝市や季節のお祭りも楽しんで

「おごと温泉」を訪れるなら一緒に周る観光スポットもチェックしておきましょう。まずはド定番の「琵琶湖」!日中のキラキラした様子もいいですが、見てほしいのが夜。滋賀県の湖東と湖西を結ぶ橋「琵琶湖大橋」というものがあり、琵琶湖で一番近い対岸である大津市の堅田と守山市の今浜町を結んでいます。橋は夜になるとライトアップされ、その光が湖面に反射してとってもムーディー。橋を渡るも良し、たもとでゆっくり眺めるも良しの知る人ぞ知る観光名所です。

もしも日曜日にかけて温泉を訪れるなら、是非行ってみてほしいのが朝市。おごと温泉駅から徒歩で約20分の場所にある「おごと温泉公園」で行われています。なんと開催は毎週日曜日、朝8時から正午まで。地元の野菜をメインに販売しており、都会ではなかなか手に入らない新鮮さです。
お土産の購入もできる物販コーナーに足湯まで揃うマストスポットですよ。

そして季節によって味わいたい限定イベントも目白押し。
春は湖国三大祭りのひとつ、大津市坂本の日吉大社で行われる“山王祭”が豪華。咲き誇る桜の元、数日にわたって開催されるお祭りです。神輿をかつぎ夜にたいまつの明かりだけをたよりに進んだり、街を巡回し「琵琶湖」の浜へと向かったり…勇壮にして華やかなイベントです。

絶景を眺められるのはマスト!自分にあったお宿探しをしよう

絶景旅館

どの宿に泊まっても琵琶湖を望めるのが魅力の「おごと温泉」、絶景旅館ばかりで迷ってしまいます。

『びわこ緑水亭』は琵琶湖湾の西側、緑濃い比叡山たちを背景にして建ちます。与えられた自然の恵みを生かした設計コンセプトで、風が優しく吹き渡る湖畔のリゾートといったところ。個室料亭や落ち着いたダイニングレストランの雰囲気も魅力的で、山海の恵みと旬の妙をいただける食事はまさに至福。お風呂上りにくつろげるスペースができたほか、アウトドア気分で過ごせるをグランピングがテーマのお部屋もオープンした開放感あふれる旅館のひとつです。

「おごと温泉」の高台に建つ『里湯昔話雄山荘』の客室はすべて湖側に設計されています。10畳の純和風客室のほか、琵琶湖を見下ろす露天風呂付の客室などバリエーションも豊富。食事は自家菜園で丁寧に育てたとれたての安全な野菜や果物など旬の食材を盛り込んだメニューが好評で、季節を感じられる贅沢な食事時間を過ごせます。近江の歴史と文化に触れることができる“近江昔話らいぶらり”や夏季には無料のプールも営業し、充実感たっぷりです。

プライベートな時間を大切にしたいなら、琵琶湖のほとりに佇む『雄琴荘』がオススメ。全室10部屋の小さなお宿で、食事も個室で楽しめるうえ作り置きの一切ない丁寧で温かい料理がいただけると好評です。女湯の露天には信楽焼を使用した風呂釜があり、内湯には畳の洗い場を設置するという風変わりな温泉で、和の風情を思う存分に味わえますよ。

全体的にリーズナブルな価格設定なのも人気の秘密です。昔ながらの落ち着く雰囲気がお好きな方は是非。

SHIGA

  • 【琵琶湖汽船】日本一の湖「琵琶湖」の観光船で思い出を!

    【琵琶湖汽船】日本一の湖「琵琶湖」の観光船で思い出を!

  • 【彦根城】彦根のランドマーク、国宝指定された5城の一つ

    【彦根城】彦根のランドマーク、国宝指定された5城の一つ

  • 【近江牛毛利志満 近江八幡店】日本三大和牛「近江牛」の老舗

    【近江牛毛利志満 近江八幡店】日本三大和牛「近江牛」の老舗

  • 【八幡堀】商人の発祥と発展、町の繁栄に大きく貢献した場所

    【八幡堀】商人の発祥と発展、町の繁栄に大きく貢献した場所

  • 【千茂登】湖北の旬の素材を提供する創業80年のお食事処

    【千茂登】湖北の旬の素材を提供する創業80年のお食事処

  • 【黒壁スクエア】伝統的建造物群を生かしたガラスの街

    【黒壁スクエア】伝統的建造物群を生かしたガラスの街

spring

  • 【奥飛騨温泉郷 平湯温泉】奥飛騨温泉郷で最も歴史ある温泉街

    【奥飛騨温泉郷 平湯温泉】奥飛騨温泉郷で最も歴史ある温泉街

  • 【下呂温泉】84度という高い温度で湧いている天然温泉が魅力

    【下呂温泉】84度という高い温度で湧いている天然温泉が魅力

  • 【湯の山温泉】豊かな自然の中で浸かる極楽湯

    【湯の山温泉】豊かな自然の中で浸かる極楽湯

  • 【鳥羽温泉郷】海と海幸と温泉と三拍子そろった温泉地

    【鳥羽温泉郷】海と海幸と温泉と三拍子そろった温泉地

NEXT